トップ > UVケア

UVケア

ハイムが〔紫外線吸収剤〕を使わない理由

肌なじみがよくなることから、多くの日焼け止めの原料となっている[紫外線吸収剤]。

紫外線が肌にあたったときに、吸収剤が化学変化を起こし、肌の内部に紫外線が到達できないようにガードします。

しかしその一方、化学変化で構造が変化した吸収剤により、肌に負担をかけてしまうことがあり、敏感肌の方には不向きな面もあります。

ハイムでは、出来る限り肌への負担を抑えた化粧品をつくりたいという思いから、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションなどにも〔紫外線吸収剤〕は使っておりません。

全3件

  • チャイルドサンスクリーンミルク

    チャイルドサンスクリーンミルク

    1,034円(税込)

    • 313

    デリケートなお子様の肌を紫外線から守る、乳液タイプの低刺激性日焼け止め。 大人の方の生活紫外線対策にも最適です。 石けんでキレイに落とせます。 日焼け止め乳液 顔・からだ用 SPF20/PA++ 容量:25ml 成分表 基剤 水 61.31 イソノナン酸イソノニル 1...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • UVプロテクトミルク

    UVプロテクトミルク

    3,080円(税込)

    • 327

    肌の負担になる成分は極力排除した低刺激処方でありながら、肌に赤みや炎症を起こすUV-B波と、肌を黒くしてシワやたるみの原因となるUV-A波とも、国内最高基準値で強力にブロックし、デリケートな肌を守ります。白浮きしにくく、しっとりすべすべの使い心地。 落と...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • UVミネラルパウダー

    UVミネラルパウダー

    2,640円(税込)

    • 328

    ミネラル成分とスキンケア成分を配合した、肌に負担をかけにくい国内最高基準値(SPF50+/PA++++)のミネラルパウダー。テカリ防止とUVケアが安心・手軽に一度にできます。 パウダーなので、日焼け止めクリームのようなべたつき感がなくさらさらに。石鹸で落...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト